あなただけのお好みのSクラスをバックオーダー又はお問合せ下さい

新世代へ更に進化したSOHC V型12気筒ツインターボチャージャー付エンジン(08モデル〜現在 Wー221 S600ロング Wー216 CL600搭載)
更なる熟成を遂げたツインターボチャージャー付5,5Lエンジン。 5,5Lの大排気量に加え、V型に配置された2つのシリンダーバンクに1つずつ備えるコンパクトなターボチャージャーと、過給される空気を冷却する水冷式インタークーラーによって、低回転域から極めて大きなトルクとパワーを発生します。アクセル操作に即応して力が無限に湧き上がるかの様な加速性能と、スムーズで快適な扱いやすさを実現。最高出力380kW<517PS>/5,000rpmの圧倒的なパワーが、高速道路などでのゆとりに満ちたダイナミックな走りで貴方にメルセデス最高峰の情熱を感じて貰える事に間違いは無いです。
新世代のDOHC V型エンジン
新開発の5.5L V型8気筒。新世代DOHCエンジンは、数々の高精度な電子制御システムによる燃費と高出力の最適なコントロールや、 エンジン全体の軽量・高剛性設計により、上質で力強いパフォーマンスと優れた環境性能を両立しています。 アクセル操作に即応して湧き上がる豊潤なトルク。トップエンドまで力強くなめらかに伸びるパワーフィール。 そして、静かさのなかに走りの歓びを感じさせる心地よいサウンド。アクセルを操るあなたに至福のひとときをお届けします。
SOHC V-8気筒 スーパーチャージャー(03年モデル〜現在AMG全車に搭載)
SHOCコンプレッサーV型8気筒 5438cc/500ps最大トルク71,4 V8エンジンをベースにストロークを84mmから92mmに拡大して排気量を5,438cc にアップし、インタークーラー付スーパーチャージャーになりました。 コンプレッサーをクランクシャフトの回転力で作動させ、吸気を燃焼室内に過給させる事により、 低回転域・中回転域・高回転域の多岐にわたりAMG独特の技術を採用しております。 0−100Km/h加速4,8秒というツインターボチャージャーと同じパワーなれど 気品の有る高速域の安定性能・居住性能はツインターボチャージャーを上回ります。
ツインターボチャージャーV12気筒エンジン
正規ディーラー車は02年後期(03年モデル)〜最上グレードS600Lに搭載 最高出力500PS/トルク81.6kgと言う驚異的なスペックを発生 60度のエンジン角度でV型に配置された2つのシリンダーバンクがそれぞれコンパクトなターボを備えています。
私の乗る限りフェラーリのF360-F1より遥かに早く静かであり街中でフルアクセルは一時でも危険と感じる位強力なユニットです。
但しターボ付を意識しなければノンターボV-12も強烈パワーのため、通常であれば十分優越感に浸れす。
SOHC V-12気筒 改良型エンジン('01〜'02 W-220 S600搭載)
SOHC 5785cc/367PS 最大トルク54、1 正規車平成13〜14年の改良が進み素晴らしいスペックを発揮します。静かで信頼性も向上し、国産 GTカーなど寄せつけぬ体感400PS以上怒涛の加速。一歩室内に入れば、無音に近い信じられぬ性能です。一度ベンツのV-12を手にすれば、二度とV-8 には引き返せません。更に大きなパワーやトルクが必要としない走行状態の場合、マネージメントシステムが動き、6気筒稼動により排気量の水準を超える優れた 燃費経済性を両立。10モード燃費率6.3Km。型落ちの国産VIPカーより良く走れます。どうぞ当社のH13年〜S600LとS500Lを乗り比べて下さ い。目からウロコが落ちますよ!!
SOHC V-8気筒エンジン(99年〜現在 W220 S500搭載))
306PS 最大トルク46,9KG アルミ製シリンダーヘッド、クランクケース、マグネシウム製吸気-マニーホ ールドにより旧来のV-8よりエンジンマネージメントシステムによって低燃費を実現(走行性・燃費・クリーン性 能の向上に貢献する綿密な軽量設計)。燃費消費率10モード7,3Km/Lをこのクラスで実現!!実感を言えば、 V-12がウルトラスムーズな発進に対して、V-8はシルキースムーズ滑らかな発進です。勿論国産の高排気量最強 モデルでも味わえぬ性能です。
SOHC Vー6気筒('98〜'02 W-220 Sクラス搭載)
3199cc、224馬力/トルク32/'98〜SクラスアッパーミドルクラスS320に搭載されたEGです。 国産からの乗換えで有ればSクラスの入門的存在です。 更なる低燃費と維持のし易さから高排気量クラスと人気を二分する数値であります。 又どのユニットを選しても国産では味わえぬ世界史上初めてガソリンエンジンを発明したメーカーの誇りと伝統を感じられます。 (現自動車ルーツはダイムラーにあり!!)ベンツビギナーの方!!とことんご相談下さい。貴方に合った理想の一台!!お世話致します。
DOHC V-12気筒 モトロニック後期エンジン('96〜'98 W-140 S600搭載)
95年8月以降より細部に渡り改良され、それ以前の悪評EGから一変トラブル減少し、現在では最も信頼度が高く人気を集めるユニットです。 そのスペックは約400馬力を捻り出し(国産最強でも280馬力)、トルクは58.2kg。あのスーパーカーフェラーリをも凌ぐユニットを搭載!! あまりの静けさの為、もう一度キーを回す程の静粛性と、重量2.5tというトラック並の車重をまるで宙を舞う様に軽々と加速、 しかも国産ATでは考えられぬ瞬発力、モタつき無しのもはやセダンの領域超越した速さです。
万が一の危険回避に最も頼りになる最高性能を有しております。まずは当社でお客様ご自身でお確かめ下さい。
DOHC V-8気筒 後期エンジン('96〜'98 W-140 S500搭載)
(あまりにも有名なベンツ定番のV8エンジン)
上記S600Lのエンジン同様に細部に渡り改良されております。 よりパワフルなエンジンを搭載する事で上級移行を図った記念碑的モデルS500L。 最大トルク49Kg、燃料消費率10モード5,2Km/L 325Ps まるでコンパクトな本格スポーツサルーンを持ってきてすべての部品を2割か3割拡大してそのまま組み直したようなソリッドさと軽快感、そして重量感を両立させた独特の走りを実現。 ボディ-サイズに見合う動力性能です。単に5リッター325Psだけでも国産最強クラスと言えども足元にも及びません!